HOME » フロアコーティングの失敗例

フロアコーティングの失敗例

ここではフロアコーティングの失敗例と、コーティングを依頼する際、業者とトラブルにならないためのポイントをまとめています。

フロアコーティングの失敗やトラブルについて

フロアコーティングの失敗として、以下のような点があります。

  • フロアコーティング塗膜の中にゴミや髪の毛などが混入していた
  • 塗装にムラやヒビがあり色が付いてしまうことがある
  • 業者によっては保証が短い場合があり、修理を受け付けてくれない時もある
  • コーティングしても汚れが落ちない/キズが目立つ
  • 密着が弱く、すぐに浮いてくる/剥がれてしまう
  • コーティングのにおいが取れない・顕著に光沢を失ってしまう
  • フロアコーティングの塗料が固まっていない/ベタベタしたままになる
  • 施工中に家具を汚してしまい破損させてしまう
  • 一部分の塗料が原因で白く濁ってしまう/黄色く変色してしまう
  • 実際に施工してみるとイメージしていたものと違う

失敗例には、施工中による破損、汚れ、コーティングの剥がれなどが多いようです。
インターネットなどで調べ、実績があり信頼されている会社を慎重に選びたいところです。

依頼する前にある程度の知識を持ち合わせ、分からないことがあれば業者に聞くことでトラブルを未然に防ぎ、契約の前に全ての不安点を解消したいものです。

 失敗例以外に気を付けること

 フロアコーティングについて何も知識がないまま依頼すると、必要ない箇所まで施工し、オプションが多くなってしまい、結果的に料金が高くなることがあります。

ほかにも、施工前の床や材質が選んだコーティング剤と合わず、すぐに効果がなくなり再塗装が必要になってしまうこともあるので、豊富な種類があるからこそ慎重に選びたいですね。

悪質なフロアコーティング業者の場合、顧客の購買意欲を失ってしまうことを恐れるあまり、不具合の話を避けてしまう傾向があるので、注意しましょう。
また、施工してから数年経ってはじめて分かる問題も多くあり、問合せても会社がなくなっていたりするケースもあります。

保証は年数だけではなく、保証内容や免債事項も必ず確認し、不明点や曖昧なところを残すことなく施工してもらえるようにしましょう。
保証期間内であっても有料や、別料金が発生することもあります。

どのような会社が多く依頼を受けているのか、施工写真や展示品を見たり、品質チェックのため無料サンプルを取り寄せて比べるといいかもしれません。

様々な会社をできるだけ多くのポイントで比較して、依頼するかどうかを決めましょう。

 
ページの先頭へ
フロアコーティング会社の評判まとめサイト